はじめてアイロンプリントに挑戦する方も、興味のある方も、これを知ってたら安心してアイロンプリントができます!

【プリントできる素材について】

  • 濃色用のプロ仕様・洗濯につよいアイロンプリントシールは綿以外にも化学繊維にも使えます。中温などでもくっつきます。
  • 織り目の粗いもの、縫い目のあるもの、伸縮性のあるもの、極端に厚いものは、アイロンプリントには適しません。
  • 白用の転写シートは、高温でつけますので、綿100%とかせめて50%以上のものが適しています。
  • 化学繊維は一応素材によって対応温度がありますので、アイロンだけで確認してテストしてから、アイロンプリントの実行をしてください。
  • 撥水加工をしてある素材はプリントはできても、洗濯後に剥がれる恐れがありますので、ご注意ください。
  • タオルなどの毛足のながいものは、つきにくくはがれやすくなるので、適しません。

 

【取り扱い上の注意】

  • 用紙を扱う時には、折り曲げたり印刷面に傷をつけないように注意してください。
  • 手についた水分や油が、印刷面に影響しますので、用紙は必ず端を持つようにしてください。
  • 用紙をフイルムをなめたり、口の中に入れたりしないでください。

【印刷時のご注意】

  • インクジェットプリンタ専用の用紙です。これを間違えてレーザープリンタに使用した場合、熱で用紙がプリンタの中で溶けて壊れてしまいます。
  • 転写シートは、反転印刷です。裏向きに印刷しますが、やり方はとっても簡単です。プリンタのプロパティで用紙を普通紙ではなくアイロンプリントとかTシャツ転写紙を選ぶだけです。
  • 濃色用はそのままの印刷です。反転しません。
  • 印刷後は、速やかにプリントしてください。あまり時間がたつとインクによっては色あせする場合があります。

【アイロン時のご注意】

  • アイロンの温度や転写対象の素材によっては、アイロン時間が長すぎると素材を焦がす恐れがあります。
  • アイロン中シートは熱くなり、火傷する恐れがありますので、シートには触らないようにしてください。
  • スチームは使用しないでください。

【アイロンプリント圧着時のご注意】

  • コードレスは、アイロン中に温度が下がりますのでこまめに充電してください。
  • 対象物にしわがる場合には、あらかじめアイロンでしわを延ばしてから圧着してください。
  • アイロンは、均等に熱と圧力がかかるよう全体重をかけてください。
  • アイロン台は柔らかいので、使用せず固い机の上などで作業してください。

【プリント後のご注意】

  • プリントした部分には、洗濯前、洗濯後にかかわらず、絶対にアイロンをかけないでください。アイロンにくっつきます。
  • アイロンをかける場合には仕上げシート(何度でも使えます)
  • プリント部分には、防水スプレー、スプレーのりなどは使わないでください。
  • 著作権のあるものをプリントした場合、営利目的で使用しないでください。

【洗濯時のご注意】

  • プリント直後の洗濯はお避け下さい。一日以上たってから行ってください。
  • 手洗いはしないください
  • 漂白剤・柔軟仕上げ剤を使用しないでください。
  • ドライクリーニング、つけおき洗いはしないでください。
  • タンブラー回転式乾燥機は使用しないでください。
  • 洗濯後は、すぐに陰干ししてください。